2010年07月30日

横浜キャッツ

image/2010-07-30T23:42:381

姪っ子の誕生日プレゼントにキャッツを見に行きました。

姪っ子の誕生日は1月なんだけど冬は風邪ひいたりと予定がね、わからないから
夏休みにしました

昨年はライオンキングでしたが
今年はキャッツ

チケは発売した頃に取りました
お子様の値段が適用されるA席

姪っ子のお行儀の事もあるので目の前が通路になるよう
A席最前列を取りました

さて、今日はグリザベラが早水さんということでかなりの期待

最後のメモリーのサビは最高でした
あんなに迫力がある切なさ
感動倍増でした。


私が劇団四季で大好きな役者さん
田邊真也さんがラムタムタガー
五反田キャッツを観た時も田邊さんでしたが
相変わらずかっこよかったです
歌もダンスもステキです

おばさん猫もキレのあるタップダンス
由佳乃さんのはまり役かと思います

姪っ子は劇場に入るなりヤバいを連発(笑)
ゴミ山を散策
横浜なのでマリノス関連を見つけ
マリノスもゴミと化す(笑)なんてね

汽車がヤバい

凄くてヤバい

猫に見えてヤバい

そのヤバいってなんですか?って感じ(笑)

姪っ子にはライオンキングより面白かったそうです
猫ちゃんが目の前まで来てくれるもんね


帰りの電車では姪っ子は爆睡でした。

来年のお誕生日はどうするかな?
posted by mikiko at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

アンサンブル・市川

第20回定期演奏会に出演いたしました。

・スパーク・・・アローザのための音楽

・ホルジンガー・・・スクーティン・オン・ハードロック

・モーツァルト・・・オーボエと管弦楽のための協奏曲ハ長調(ソリスト荒恵理子さん)

・田嶋勉・・・汐風のマーチ

☆レスピーギ・・・バレエ組曲「シバの女王ベルキス」

アンコール
☆エルザの大聖堂への行列
☆ギャロップ

(☆印ハープあり)

※※※※※※※

ブル市さんの定演も20回目ですか。
本当に良くお世話になっております(笑)

オーボエのソリスト、荒さんの演奏にうっとり。
オーボエって本当に良い音色ですよね。

ハープは、ベルキスですが・・・
サックスさんが本番では、ゆったり歌ってくださって
色気がすごかった(笑)

そうくるかぁ〜とハープであわせるのが面白かった。


アンコールのギャロップは、ハープパートはないんですが・・・
昨日の練習後に、コントラバスの楽譜を渡されまして
「これでのったら?」って(笑)
最後は、グリッサンド入れればいいよね〜って

ということで、やらせて頂きました。

もうね、有り得ないミスをしたのですよ。
自分でも信じられないんだけど・・・
ショックですわ。
もっと演奏中は集中と注意深くしなきゃいけないですね。


演奏後は、毎年、大学の時の友人がお子さんを連れて聴きにくるのです。
旦那様が元団員。
(私は、直接やりとりはしてないんだけどね)
昨年は、お菓子を頂いたので。。。
今年は、お礼をしなくては!とお菓子を用意しておきました。
やっぱり今年もご家族で来てた(笑)
良かった、ちゃんとお礼が出来て。


image/2010-07-18T18:56:241
チェレぞうです(笑)
ちょっと、触らせてもらいました。
チェレスタは可愛い音がするけど弾くのは大変ですね。
それにしても私の指って・・・ピアノ向きじゃないですね

posted by mikiko at 19:22| 千葉 ☀| Comment(0) | 演奏会(ハープ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

福寿大学

船橋市東部公民館の高齢者向けの福寿大学で演奏させて頂きました。

もう、この演奏も5年目です。
毎年毎年呼んでくださりありがたいことです。

そしてそして、楽しみで〜とおっしゃってくださるのが励みです。

今日は、物凄く暑くて・・・
ご高齢の方には、大変じゃないかと思いましたが、
いつものように100名近くお越しくださいました。

と言いますのは、大人気講座のバス見学の申し込み用紙が配られるというのもあります(笑)

バス研修は、申し込んだ方全員がいけるわけではなく、
バスの座席分の人数しか行けないのです。
毎年抽選になるんだとか・・・
そんな事情もあるんです。


image/2010-07-15T20:11:261

勝手知ったるで・・・
楽器の運搬も手伝ってくださいます。
ありがとうございます。

今日の衣裳は、夏らしく
水色

image/2010-07-15T20:12:071
姿は見せず(笑)


やはり、この気候なのでチューニングが狂います。
1時間半の講座なのですが、途中休憩を取らせていただきました。

演奏曲目は、知っている曲がメインです。
勿論、ハープオリジナル作品も弾きますが
グランジャニーの小さな羊飼いの娘。を最近弾いています。

浜辺の歌。夏の思い出
見上げてごらん夜の星をなどなど

今回も、また君に恋してるに挑戦しました。

本当は、演歌が聞きたいというお声も・・・・
来年は演歌に挑戦か?(笑)

4人の方にハープを弾いて貰いました!と言ってもグリッサンドだけですが・・・
体験していただくのも、良いものです。


まだ、風邪は良くならなくって・・・
薬を服用しているせいか、眠いのです。
咳の薬は、喉が渇きますし・・・
早く完治したいものです。

皆様も夏風邪は、しつこい!ですから気をつけてくださいね
posted by mikiko at 20:37| 千葉 ☀| Comment(0) | 演奏会(ハープ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

習志野フィルハーモニー管弦楽団

第77回定期演奏会に出演致しました。

・シューベルト・・・交響曲第7番「未完成」

☆マーラー・・・交響曲第1番「巨人」

アンコール
・アイルランド民謡・・・ロンドンデリーの歌

(☆印ハープあり)


指揮者の前田淳先生が急病のため、新通英洋先生にかわりました。

ゲネプロから指揮者の先生が変わるというのは、初めての経験でした。
前田先生の快復を心よりお祈り申し上げます。

今まで前田先生の作り上げてくださった曲と新通先生の妥協点を模索しながらの練習でしたが、
新通先生の力量で、本番では、素晴らしくまとめてくださいました。


ちょっと自分と置き換えて考えてみると・・・

金曜日の夜に明日明後日のオケにのってほしい!と連絡をうける。

夜なら近所迷惑でさらえない。

曲によりますが、まず無理でしょう。


一度、やったことのある曲だったとしても
花のワルツ・威風堂々・・・・などでしたら大丈夫かも。


モチベーションとしてもかなりハイテンションになりますよね。


指揮となると・・・全部、約1時間半の曲を頭にいれないといけないわけですし・・・

そう考えますと、本当に新通先生は、素晴らしかった。
新通先生で良かったと思います。

巨人の4楽章の終わりには、じ〜〜んと感動しました。
舞台にいてもわ〜〜〜凄い。ってね


さて、ハープの方といいますと・・・
必至で数えました。

音質がよろしくなかったんです。
右の親指に水ぶくれの痕跡があって、ピン!ってなっちゃうのです。
音量調節ができない
う〜〜ん、指揮者さんにも指摘をされて
オクターブ、右の1・4指で弾くところを2・2指でわけてみたりしたけど
楽譜の指示にあるような「はっきり!」にはならなくてね。

練習後、指揮者さんにハープどうですか?って伺ってみたところ
大丈夫ですよ。よく聞えてますよ。って

で、結局、右の1・4指で、少し軽めに弾くことを選択。

指先のタコの状態で、音色がかわっちゃうから・・・
でも、本番ギリギリまで指使いを迷うと本番間違えるケースも多いしね。
緊張しました。


あと・・・なぜか、習フィルさんの本番にのどを痛めていることが多く・・・
今週ずっとのどの調子が悪かったんです。
せきどめの薬をのみ・・・譜面台には、飴を用意し・・・
飴をなめながら・・・失礼しました。

習フィルの皆さま、お世話になりました。


さ〜て、来週の予定は・・・
アンサンブル市川の本番です。

シバの女王です。
この曲をやるのは3回目なのですが・・・
難しい〜うまく弾けないよぉ〜
テンポも速めなので・・・この1週間で頑張ります!


あっ!試合直前に監督がかわった選手の気持ちってこうなのかな?って
思いました。
監督がかわって短期間で団結する気持ちもわかったかな?
posted by mikiko at 22:14| 千葉 ☔| Comment(2) | 演奏会(ハープ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

VAMPSライヴ

Zepp TokyoにHYDEのソロ活動のライヴに行きました

チケはいつものように友達のお姉様に取って頂き、ご一緒させて頂きました

2ブロック目の中央最前列に陣取りまして
楽しみました。

アートは昨年のライヴより少し地味かな?と思ったけど
HYDEの歌はいつも通り
近くで見られて良かった
posted by mikiko at 23:36| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

江東フィルハーモニー管弦楽団

第12回定期演奏会に出演致しました。

・ボロディン・・・中央アジアの草原にて
・ラフマニノフ・・・ピアノ協奏曲第2番(ソリスト越田美和)
☆ショスタコーヴィチ・・・交響曲第5番

アンコール
☆ショスタコーヴィチ・・・タヒチ トロット

(☆印ハープあり)


※※※※※

9時に会場であります、ティアラこうとうに入りました。

10時半から曲順でリハーサル開始。

13時近くまでリハーサルが続きました。

会場であるホールは、今までの練習会場の響きとは全く違い、
頑張らなくても良い!という心地よさがたまりませんでした。

でも、リハから緊張してしまって、
数は数えられなくなるし・・・あたふたしてしまいました。

3楽章の最後は、チェレスタとのユニゾンなのですが、
ハープは、ハーモニックスなので、
外すこともあるので、チェレスタは、ちょっと大きめに弾いてください。とこっそりお願いしました。
保険はかけておかないとね(笑)


本番です。
ピアコンは、とても迫力があり素晴らしかったです。

さて、ショス5。
私的には、ノンミスで、楽しく演奏できました。
和音を弾く度にペダルをかえないといけないので、
緊張するんです。

アンコールのタヒチトロットは、二人でお茶をのバリエーション。
ハープは、8小節の伴奏が2回でてくるだけなんですけど・・・

それぞれのソロが本番ではうまかったです。


お客様もこのお暑い中沢山お見えになりました。

いつも、熱海のホテルにお泊りになるお客様。
ご夫婦の方も聴きにいらしてくださいました。

ハープのお友達も聴きに来て下さり。緊張しまくりでした(笑)

とても、良い演奏会だったと思います。
何より、指揮者の先生がご機嫌でしたものね(笑)
それで今日の出来がわかります。

江東フィルの皆さま、お世話になりました。
12月は残念ながら乗れませんが・・・
3月の復活は今から楽しみです!
その時は、また宜しくお願い申し上げます。
posted by mikiko at 19:57| 千葉 ☁| Comment(0) | 演奏会(ハープ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする