2012年01月30日

習志野フィルハーモニー管弦楽団

第80回定期演奏会に出演したしました。


☆コープランド・・・バレエ音楽「ロデオ」

・ガーシュイン・・・ラプソディー・イン・ブルー
          ピアノ独奏:藤井亜紀

☆グロフェ・・・組曲「グランド・キャニオン」


☆印ハープあり

※※※※※

このおもいっきりなアメリカプログラム(笑)
朝食は、旦那と朝マック!
本番の日は、主婦は休業です。

9時にホールに入りました。

朝一で会場に入ると、音だしをしている人が少ないので
舞台上で、ガンガン弾くのが大好き。
ホールを独り占め。リサイタル気分なのです(笑)
一瞬でも味わいたい時は、早く会場入りします。

image/2012-01-30T13:42:55-1.jpg

グラキャニへの思い
グラキャニの日の出と豪雨は、学生時代、吹奏楽のコンクールで嫌!という程、向き合いました。
私にとって青春(死語?)の曲なのです。
グリッサンドの嵐で・・・夏休み合宿に参加すると
指先がもう皮取れちゃって・・・
涙涙でした。

この曲は、「痛い」というイメージが先行してしまう。

でもね、大好きなんです。
雄大な、グランドキャニオンが目の前に浮かぶのです。

そう、吹奏楽でしたから、オケでやったらどうなるのか?と
でも、アマオケでは、この曲に出会えるわけもなく・・・

そしたら、習志野フィルの定演がグラキャニになったと聞き、飛び上がってしまいました。
オケで出来る!
やったことない、彩られた砂漠のハープは、苦しむよ・・・など噂では聞いていたのです。
それでも、演奏できる方が嬉しかった。

すっかり忘れていた青春時代???(笑)
練習に参加するにつれて、当時のことをいろいろ思い出しました。
ウィンドマシーンはまわしすぎて壊したり・・・(笑)
日の出の冒頭、バイオリンの高音は、シロフォンで弦の弓を使って音を出してた

また、ちょうど、フェイスブックでその当時の友達と連絡を取りだしたので、
懐かしさ倍増!


午前中のリハは、びっちりありました。
最後まであきらめず、曲と向き合うこと。
指揮者の先生には、オケの意味などいろいろ大切な言葉を教えて頂きました。

それだけ、今回のプログラムは、大変だったということです。

本番は、舞い上がっているうちに終わってしまいました。
楽しみにしていたものは、一瞬で終わる。
本当にそう思いました。
でもね、ホールが震えた時、音に包まれる感じは、本当にいいものなんです。
救われた!と思いました。

コンマスさんのソロ、素晴らしかったですね。
チェロのソロも素敵でしたね。


今回の裏ワザ。
ピアノさんは、グリッサンドの嵐だったので、手袋をしてまま弾いていました。

私は・・・

image/2012-01-30T13:42:55-2.jpg

これでグリッサンドをやっていました。
ゴムです。
弾き終わったあと、ゴムの焼ける臭いが漂い・・・(笑)
このゴムのお蔭で水膨れ知らずでした。

無事に演奏会が終わって良かったです。
私の母も聴きに来ていました。楽しかったそうです。

レセプションには、参加せず、
旦那の楽器等持って一旦帰宅。
その間、母には買い物で時間を潰してもらい、再び母と合流し、実家へ。
ハープを実家に戻し、再び帰宅。

ぼ〜〜っと過ごしていたら、旦那から2次会へのお誘い電話が来たので
出かけることに・・・
2次会参加してやっとやっと本当に帰宅。

長い一日が終わりました。

団員の皆様
お疲れ様でした。
いろいろいろいろと・・・大変なプログラムでしたが、
凄く良い経験をさせて頂きました。
ありがとうございました。

グラキャニ・・・完結(笑)
posted by mikiko at 14:56| 千葉 ☀| Comment(2) | 演奏会(ハープ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

T先生ありがとうございます

image/2012-01-27T19:10:32-1.jpg

私の幼稚園の先生よりプレゼントを頂きました。

かわいいプリザーブドフラワー
白=純白
のイメージです

いろいろな恩師にお世話になり今の私があるわけですが

幼稚園の先生は人生で初めて出会う先生
その先生からの祝福のメッセージは、感激しました


T先生。
私はお転婆だったので…
廊下に立たされた事もありました
厳しい先生でしたが大好きでした

幼稚園の記憶はかなりあるんです
かえって小学生の頃の方がないかも…(笑)


あの当時
「先生の好きな人は誰?」
と聞いたら


「加山雄三」

と答えてました
今でも加山雄三でしょうか?

懐かしい
いろいろ思い返してしまいました。

T先生ありがとうございますチャペル
posted by mikiko at 00:34| 千葉 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

アウローラ・ウィンド・オーケストラ

コンサート Vol .14「力」(音楽の力)に出演致しました。

盛り沢山の内容でした。
いろいろ工夫もされて、まさしく、吹奏楽のノリでした。

ハープは、星の王子様とハープパートはないのですが、ピアノのパートをちょこっと弾かせてもらった
太陽への讃歌を演奏しました。

星の王子様は、もう〜緊張です。
フルートの伴奏部分もあり、
フルートの音色を聴いていると時差が生じるので簡単なようで難しかったです。
しかし、フルートの音色にうっとり、楽しく演奏させて頂きました。

何より皆様が楽しそうに演奏しているので
忘れていた音楽に対する気持ちを思い出させて貰ったように思います。

まさしく、「音楽の力」です



チラシ挟みに知り合いが結構お見えになっていました。
久しぶりにお会いする方もいらっしゃったり・・・お会い出来嬉しかったです。

楽屋は、コントラバスのお二人様と一緒
里奈ちゃんとAさんだったので、楽屋トークで盛り上がってしまいました(笑)

とても楽しい演奏会でした。
ありがとうございました。
posted by mikiko at 23:34| 千葉 | Comment(2) | 演奏会(ハープ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

仙台帰省

image/2012-01-03T20:35:28-1.jpg

旦那の実家、仙台に帰省しました。

旦那の実家に行く前に親戚宅へ…ご挨拶
その親戚に送って頂き実家へ到着。

仙台は千葉より寒いです。

2日目
塩竈神社に初詣に行きました。
テレビで45万人の参拝者が訪れると言っていましたが、午前中だった事もあり思ったより空いていました。
いつも駐車する所には仮設住宅がありました。

親戚とご近所様に新年のご挨拶に伺いました。

帰宅後は利府のイオンへ
仙台市内では2日から売り出しをするという決まりがあるようです。
なので凄い人でした。

冬のショートブーツというか…靴を買いました。
靴底が滑りにくいようになっているものです。
昨シーズンまでは北海道で買った雪用ブーツを履いていたのですが壊れて捨ててしまいました。
冬の仙台にも沢山売っていてね、欲しかったのです。

千葉では履く機会が少ないので1番安いのを買ったけど
ないと困るのでラッキー!


3日目
旦那の通っていた小学校など散歩してまわりました。

お土産に仙台のお酒!と思い酒屋に行くと
上記の写メのたまご酒が売っていました
残り1本だったので即買い(笑)


風邪ひくと母がたまご酒を作ってくれたのですよ
味はその時と同じで甘くて美味しい!

母と違うのは…濃厚でクリーミー
一気には沢山飲めない感じですが、美味しかった。
あま〜いあま〜いお酒が好きな方はオススメです

仙台駅の酒屋には…売り切れで予約受付中となっていました
人気のお酒なんですね。

そんなこんなでのんびり里帰りを堪能。
しばらく義理の両親に会えないと思うと寂しくなっちゃった。
もうちょっと仙台にいたかったなぁ。

という事で、まだ新幹線乗車中

明日から現実が待ってるね


posted by mikiko at 21:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

2012年元旦

明けましておめでとうございます。

昨日、大晦日は、旦那とサントリーホールへ
ジルウ゛ェスターコンサートを聴き年越しました。

image/2012-01-06T08:38:56-1.jpg

サントリーホール主催のコンサートですから
テレ東で放送されているジルベスターとは別物です。

ウィーンフォルクスオーパー交響楽団による演奏です。
22時からなのですが
21時を目指して会場入り。
アルコールを楽しみつつ

image/2012-01-06T08:38:56-2.jpg

21時20分からのハンドベルの演奏を楽しむ
ハンドベル、見ているだけで楽しい
いろいろな奏法があるんですね


オケの演奏は本当に素晴らしかったです
余裕な演奏。羨まし過ぎます(笑)
めちゃくちゃ贅沢な年越しだと…
幸せですね

24時半に終了
帰宅は2時でした。


元旦、私の実家に新年の挨拶をしてから旦那の実家の仙台に向かいました

新幹線が混んでいてびっくり

地震の影響で途中長く停車しましたが無事に着きました。

これから3日まで仙台でのんびりします


最後に
今年もよろしくお願い申し上げまするんるん
posted by mikiko at 23:03| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする