2017年04月08日

衣裳

アマオケでも女性の衣裳が「カラードレス」という演奏会が増えてきました。
室内楽の演奏会では当たり前のように。

ネットで「ロングドレス」と検索すれば
演奏会用のみならず、夜のお仕事の方の衣裳も含め、輸入品は安価で素敵なドレスが購入できる。

アマオケの定期演奏会での白ブラウス、黒ブラウス、黒ロングスカート、黒パンツもバブル崩壊後、大人しめでしたが、最近では、
都内のアマオケにいくと、黒ブラウス、黒ロングスカートの衣裳指示の場合、「黒ロングドレス」を多く見かけるようになりました。

アマオケ界も華やかになりつつある。

その反面、それは舞台衣裳?
「綿素材の黒パンツ」や
衣裳指示で「白ブラウス(綿素材禁止)」と文字を目にした事もあります。

指揮者はどんな服装していますか?
男性はジャケットに蝶ネクタイをしていませんか?

派手が良いと言っているのではなく、
光り物禁止の楽団もありますし…(お客様からキラキラ光り音楽に集中できなかった。とアンケートに書かれてあったそうな)
いろいろな意味で演奏者、観客共に日常とは違う空間、時間、音を楽しく作り出しましょう。



カラードレスというものはインパクトがある。
特に女性は、チェックする。
高価なドレスは、品もあり華やかだが、元を取るのは大変。
何回も着ると
「あの人、いつも同じドレスよねー」と言われる😅

質より量といきたいところだが、良質で安価なドレスを探すのは大変な事です。
特にネット通販では見抜けない。
楽器によりデザインも左右される

そして他の方と被る😱
お揃いで調達することもあるけどね。

私は通販ではなくお店で試着して購入します。


いつどこで何を着たのか忘れてしまうので
メモっています。

昨年はこれを着たから今年はこれにしよーっと

特定の本番の為に購入する事はありません。
衣裳とは出会いだったりします。
先日もたまたま69,000円オフの衣裳と出会ってしまい購入しました。

不思議なことに購入するとその衣裳を着られる本番が舞い込んできます。

母も衣裳を作ってくれます。
購入した衣裳も手を加える事が多いです。

衣裳も演奏会の一部です。


posted by mikiko at 16:35| 千葉 ☔| Comment(0) | ハープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]